道祖土和田窯について

“用があって形がうまれ、形があってはじめて美が具わる”

「民藝の里 益子」で創る意味を謳った合田好道氏の言葉が道祖土和田窯のブランドコンセプトです。
道祖土和田窯には受け継がれるものづくりの意思があります。

それは益子という地で創る意味を模索した先人たちの教えです。
造形、意匠、文化など益子焼を形成する全ての要素と
ひたむきに向き合い、 伝統を継承しながら、
現代の生活の中に息づくものづくりを模索しています。

道祖土和田窯とは

道祖土和田窯と書いて「さやどわだがま」と読みます。 道祖土は益子町の地名です。古くから陶器の原土が産出したこの地は益子焼の原料である粘土の生産や益子焼の窯元が数多くあり、益子焼生産の中心といえる土地です。

道祖土和田窯の前身は1981年に益子町道祖土の地に合田好道氏の主宰により創設された『合田陶器研究所』にあります。 合田氏は昭和の半ば頃、益子の窯元の指導にあたり、多くの陶芸家志望者に陶器の知識や民藝の考えを植え付け、益子の歴史を語る上で欠かすことのできない存在です。
合田好道について詳しく知る

平成12年(2000年)に合田好道氏が他界し、合田陶器研究所は解散となりましたが、合田陶器研究所跡では合田氏の下で作陶を行った、一番の理解者である和田安雄氏が益子焼の生産を続けます。
和田氏は表現者である合田氏の下で共に活動し、多くの陶器を制作する上で、自身が陶器作家ではなく生涯を通して職人に徹することを目指しました。

月日が経ち、有限会社陶庫の前代表が合田陶器研究所の社長を務めたことなどから、2007年には陶庫と合併に至り、「道祖土和田窯」として益子焼の製造を行う運びとなります。

「道祖土和田窯」という名前には様々な想いがあります。
合田氏は表現者として陶器だけでなく、絵画や書などの制作活動を行っていました。
そして、その合田氏を陰で支える職人として作陶を行った和田氏の存在は非常に大きなものがありました。
陶器は芸術品から日用品まで幅広い面があります。
合田氏が持った民衆的工藝の思想とそれを忠実に再現した職人の和田氏。
道祖土和田窯は合田好道と和田安雄が目指した「ものづくりの意思」を受け継ぎ、合田陶器研究所跡にて日々土と向き合っています。

日々の暮らしのなかで、食べることはとても大切なこと
料理を盛るうつわは、料理を完成させる大事なもの
どんな料理とどんなうつわを合わせるか、うつわへの盛り付けは心が躍るひとときです
道祖土和田窯のものづくりは人が使うことから始まります
うつわが人の掌に包まれ、美味しく、楽しく、笑顔の食卓につながることを願い
日々土と向き合います

土を練る

必要な土の固さは器の作り方によって違います。写真のような機械で練る場合と、人の手で練る場合を使い分け、土を練っています。

ろくろでの成型

伝統的な蹴ろくろを使って器を作る様子です。

細かい成型

器の細かい部分を手作業で削っていきます。

釉薬をかける

素焼きをした器に、釉薬をかけていきます。釉薬をつけたくないところには蝋(ろう)を塗ることで、釉薬が弾かれるようにします。

器によっては、刷毛で蝋を塗るものもあります。

本焼き

釉薬をかけた器を窯で焼きます。釉薬をかける前の素焼きは約800度ですが、本焼きでは1200度以上の温度が必要です。