コンテンツへスキップ
陶器について

陶器の魅力

陶器は使い続けることで、それぞれの美的価値・使用価値が高まります。

愛着を持って陶器をご使用頂くためには道具の耐久性・実用性、道具自体が有する芸術性・美が必要であると私たちは考えます。

使い込むほどにやわらかく、なめらかになっていく革製品や自分の体型に合わせて伸縮し、表情が変化するジーンズのエイジングのように、時間を共にした過程で変化する表情こそ陶器の魅力と言えます。

陶器は「土」「水」「炎」といった自然の産物と人間の創造性から誕生します。

技術の進歩に伴い、陶器の生産も工業化が進むなか、道祖土和田窯では人間の手仕事から生まれるものづくりには効率化だけでは語りきれない魅力が多く含まれていると考えています。

職人の手仕事では粘土を掴んだときの感覚で多くの状況を瞬時に判断し、微妙な調整を重ねることで器が完成します。

粘土の質、水分量、天気、温度・湿度など陶器が作られるものづくりの現場には数値だけでは測れない自然の要素に溢れています。

自然と向き合う

世界で最も古いとされる焼き物の破片は約2万年前の旧石器時代の陶片です。

陶器は火によって物質の状態を科学的に変化させる人類最古のテクノロジーとも言えるでしょう。

モノとの健全な関わりは世界を美しくすることであり、その先には環境問題も包摂されると私たちは考えます。

素材のほとんどが自然の産物である陶器は 人間がどれだけ丁寧に時間をかけて作っても、最後は窯に委ねるしかありません。

窯に委ねるしかない。人間の限界を自覚し、「自然に委ねる」「自然から頂く」という関係性で土に向き合っています。

自然の素材を頂くからこそ責任のあるものづくりを心がけています。

よくあるご質問

商品についてのよくあるご質問はこちらから

詳しく見る

購入について

配送料等、購入についてはこちらから

詳しく見る

お問い合わせ

道祖土和田窯へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせフォーム