かわクジラ 猪口

¥1,400

カラーバリエーション 2colors

サイズバリエーション 1size

φ9.0cm×7.0cm

商品紹介

― “かわくじら” ―

聞きなれない不思議な言葉ですが、碗の縁に釉薬を施すことで強度を持たせる意味があり、古くから焼物の手法として用いられています。

クジラの皮の色に似た鉄釉で口辺を巻くため、その名がついたようです。

「かわクジラ」シリーズでは「かわくじら」という伝統的な技法を中心にモダンな益子焼を追求しています。


― 独特の釉薬 ―

「かわクジラ」シリーズでは道祖土和田窯のその他の器とは少し異なる釉薬を使用しています。

黄色は益子伝統釉をベースに様々な釉薬を調合したリサイクル釉を、

青色は呉須の釉薬を使用しています。


― 多種多様に使える猪口 ―

猪口は酒器や湯呑みとして使われていたものが江戸時代末期に庶民の間で蕎麦屋が流行した際に食事で使う蕎麦猪口として使用されたといわれています。

「かわクジラ 猪口」は少し丸みを持たせ柔和な印象としながら口縁以外を透明の並白釉で表現しています。

土の味が感じられ、料理や飲み物の色を引き立てます。

また、様々な場面で使いやすい形と大きさが猪口の魅力でもあります。

湯呑み、酒器、アイスクリームカップ、デザートカップ、小鉢、スープカップと生活の中に溶け込みます。


■容量

約200ml

*満水時の容量


■陶器について

・陶器(つちもの)は吸水性があり、うわぐすりには貫入といわれる細かいひびが入っています。使用前には器をお湯に充分浸し、水分を含ませてからお使いいただくと、茶渋や染みが付きにくくなります。つちものならではの変化する景色をお楽しみください。

・道祖土和田窯の器はひとつひとつ手仕事で制作しています。作陶を行う際の自然環境や焼成の環境によって器の表情は変化し、同じ器は存在しません。ご購入頂く際には、予め器の表情及び個体差につきまして、ご理解とご了承をお願い申し上げます。

再入荷通知(カラー・サイズ別)

  • ページ上部の商品名をご入力ください
  • ※お間違いの無いようにご注意ください